やった見つけたときの安堵感は半端ない

2014-06-13 - 19:18 | 未分類 |

また新しい言葉を知った。その名も「彼女諦め男子」。
きっとその逆の「彼氏諦め女子」っていうのも出てきそう。
婚活が流行ったかと思えば、それに疲れたかのように、
「…もう一人でもいいかな」なんて思い始めたっていうのかな。

友達は彼氏が出来なくて悩んでいる人が結構多くいる。
自分からも出会いを求めて、飲み会にも顔を出してる。
けれど、どうして彼氏候補に出逢えないのか、これって切実な悩みなんだと思う。

「いい人」はいるけど、「付き合いたい人」がいないんだって。
悪い人じゃない。
優しそうだし、仕事もしっかりしてるし、
でも彼氏となると違うって…。
彼氏にしたいって思う基準はどこにあるんだ???

そういえばようやく探していたグリーンスムージー見つかった!
在庫を最安値で見つけたよ

もしかしたら、この彼女諦め男子たちも同じことを思ってるのかな。
イケメンとか、めちゃかわでもない限り、彼氏彼女にしたい基準がわからないんだと思う。
ようはときめかないんだ。
恋するときのドキドキがないから、そりゃいきなり恋愛スイッチなんかはいらないだろう。
そうこうしているうちに、恋ってどうすればできるのか?なんて難しいことを考え出して、めんどくさくなって、今に至る的な感じを予想する。

彼氏いない歴年齢から、初彼が結婚相手となった私にとっては、
そりゃもう待つ恋愛より、責めの恋愛だったことを思い出す。
自分で、自分の恋愛を創る。
相手は人だからそりゃうまくもいかない。

本当の意味で、待ってばかりじゃ何も始まらないんだよね。

恋愛は、諦めないでほしいもんだな…。


グリーンスムージーにハマる2014年

2014-06-11 - 11:52 | 未分類 |

ダイエットの一環として始めたグリーンスムージーにすっかり今でははまっている。かなり美味しいし牛乳で飲んだら良い感じにおなかも膨れるし結構いいんちゃうかな?

特に男性じゃなくて、女性におすすめ。理由としては無理なダイエットをしている人が多い世の中だから。
転がっているダイエットノウハウ以上にこういう誰でもできることをそつなくこなしていくのがいいんとちゃうかな?

モデルや芸能人のみんなもグリーンスムージーにはまっているんだとか。

どういうことなんやろな。

よくよく考えてみると痩せるために飲むんじゃなくて、楽しめるかどうかってことなんかな。
でもそこまで甘くないのも現実やけどな。

2014年も2015年に向けて痩せてやるで。


厄介なのに粘着されています

2014-06-11 - 11:48 | 未分類 |

田舎に住んでます。子育て支援センターが1つしか無いような村です。子供が小さいからよく通ってるんですが、うちに張り合ってくるお母さんがいて本当に鬱陶しいんです。

張り合われだしたきっかけは、出産のこと。私は里帰り出産をしたので実家がある街の産院で産みました。母の代から使っている産院なのでそこにしたんですが、息子先生に代替わりしてからホテルみたいな建物で内容も豪華になったんです。だから、近県の人たちからも知られるようなすごく人気のある産院になりました。

まだライバル視されてないころ、そのお母さんから「どこで産んだの?やっぱり○○(現住所にある唯一の産院)?」と聞かれて「いえ、里帰りだったから○○(実家近くの産院)です」と答えたら、態度が一変。「へーえ、良いわねー、流行りものが好きなのね、へーえ」と意味が分からない答えが。そのままスタスタとどちらかに行ってしまいました。

驚いてる私に、近くにいた他のお母さんが「あの人、あなたが産んだ所で産みたいっ!て姑さんと揉めて、結局出来なかったとか言ってた人なのよ。ひがみっぽい人だからこれから色々あるかも。災難ねー」と教えてくれました。

それからは「ねえ、子供さん小さすぎない?」とか「え、まだ歩けないの?大丈夫ー?」とか「いくら子供が1人しかいないからって軽自動車だと狭いわよねー!」なんてチクチク言ってくるんです。私の子供はいたって平均身長&体重だし、まだ10ヶ月だから歩けなくても不安じゃありません。また、軽自動車はセカンドカーで、夫が大きい方を使ってます。

反論すると「これだからよそ者は!」で怒るから気持ち悪いんですよね。(ただ、車の件は他のお母さんから「絶対に言っちゃダメ!ますます妬んで、もしかしたら夜中に傷をつけられるかもしれないわよ!」と言われて応戦してません)

他のお母さんたちも、アドバイスはくれるけど「あの人のターゲットになるのは勘弁」とその人がいる時は近付いてこないんです。支援センターの職員たちも頼りないし・・。

なんで私がこんな目に合うのか・・。田舎は嫌いじゃないけど、せめて支援センターが複数ある町に引っ越したい気持ちでいっぱいです!


ダイエットとは言えビールを飲める幸せ

2014-06-11 - 11:47 | 未分類 |

この前、キムタクが主演してたドラマの再放送を見ました。ドラマ名は忘れちゃったけど、兄である社長にハメられ、職と住む場所を無くしてど貧乏になった主人公の話です。途中からはサクセスストーリーにもなるんですが、貧乏時代の方が印象としては強烈でしたね。

ドラマの中のエピソードに、ビールを買いたいけど買えない・・というものがありました。それを、ビールを飲みながら思い出したんですよね。「俺にもビールが買えない時があったなあ」って。

数年前だったんですが、勤めてた会社が倒産しました。そして数カ月分の給料も未払いで社長はトンズラ。しかも嫁さんは妊娠中、お互いの実親は既に他界していて1人っ子同士で誰も頼れない状態・・。

その前に自分の給料未払いが続いてたから、無職になってからすぐに貯金もほとんど使い果たしてしまいました。「未払いが多いなんて、早く転職したら?」という嫁さんの言葉に「俺は社長を信じてる」と言ってたんですよね、自分を殴りたいと思いましたね。

そして、いよいよ食う金にも困って、求職活動をしながら日雇いのバイトを毎日のようにしていました。結構倍率が高くて、毎日必死。ヘトヘトになりながら「ビールが飲みたいなあ・・」と涙したことも。

幸いなことに、今は高給ではないけど安定して収入を得られる職業にいます。収入が安定するって、すごく安心するんですね。ビールを飲みながら「あんな時期は二度とイヤだな」と思い出すんです。


料理好きとダイエットは関係あるんかな。

2014-06-11 - 11:47 | 未分類 |

実家の父が、定年退職してから料理を毎日作っています。もともと調理が好きな人だったので楽しそうで、料理嫌いな母も大喜び。仕事に行く時のお弁当を作ってもらい楽しそうに出勤しています。

去年からは梅干しも作っていて、私にもくれました。実家には梅の木が何本もあるので梅ちぎりからしてるそうなんです。「初めてにしては美味いだろ」と嬉しそうにしていました。確かに美味しいけど、ちょっと硬かったかな。

だけど、梅干し作りって大変なんですね!父が教えてくれた作り方を聞いてビックリしました。私の中で梅干し作りって「干して赤じそに漬けておしまい」と思ってたのに、その何倍もの手間がかかることが分かりました。だって、コメの研ぎ汁に漬けてアク抜きをしたり、つまようじでヘタを1つ1つ取ったり(ここからしてもうイヤ)、塩漬けしたのをまた干したり赤じそに漬けたり・・父に聞いた順番ですが、もしかしたら間違ってるかも。とにかく「面倒臭そうー」と言葉が出ちゃいましたね。

今年も梅ちぎりが始まってます。父から「お前も花嫁修行としてやってみるか?」と誘われましたが、そこまで手作りするつもりは無いので・・。まあ、もう少し歳を取ったらしてみたくなるかもしれませんね。その時まで父に頑張ってもらおうと思います。